安保関連法案にちょっと思うこと。

14 08 2015

米国との軍事同盟を強化し、集団的自衛権により米軍の兵站の一部を日本が負担するとなると、アメリカを敵視するISISなどのイスラム原理主義過激派は、当然日本をアメリカと同列とみなすことになる。アメリカはイスラエル支持だから、過激派でなくともイスラムの民衆は日本に背を向けるだろう。

つまりは国内外を問わず、日本及び日本人はイスラム原理主義過激派の、テロリズムの対象になるリスクを引き受けるということだ。

現代においての戦争は、かつての国同士の戦争とは違って、戦場が非戦闘員居住区域となる自爆テロや時限爆弾テロという作戦の選択肢があり、これを完全に防ぐのは難しい。同盟を結ぶこと、強化することが戦争になる可能性を40%ほど減らすというデータがあるそうだが、そのデータにはテロ攻撃が勘案されているんだろうか?

ましてや、少子高齢化が進み、労働者人口が減少している現在、経済成長を維持するつもりなら、海外よりの労働者を受け入れざるを得ない現状であるが、その際大量に流入する外国籍の人々の中に、テロリストが紛れ込むことを防ぐことは可能だろうか?

しかも、オリンピックを控え、これから2020年までは、どうしたって大型の建築物の建造ラッシュが続く。その建設労働者を国内だけでまかなえるとは到底考えられない。これはバブルの頃の、大型建築物のラッシュの経験からも、容易に想像できる。

当のオリンピック自体が、それこそすべての大陸から、ありとあらゆる国籍人種宗教主義主張の人たちが大挙襲来するイベントだ。入国者の身元チェックの問題もそうだが、言い方は悪いが、テロリストのデモンストレーションには、うってつけの舞台になる。ミュンヘン・オリンピックでは、パレスチナ・ゲリラによる選手村襲撃事件が起きたという前例もある。

安保関連法案は、戦争を回避する抑止力になるという考え方は、宣戦布告を行って国家同士が行う従来の戦争に限ってはそうかもしれないが、911以降の戦争の定義が変わった現在で果たして有効なんであろうか?





ウォークマンでiTunes Matchを聴く。

31 05 2015

SONYのWALKMAN ZX1を持っているんだけれど、ハイレゾ対応はいいとしても、容量が128GBしかないので、ライブラリを全部持ち歩けない。もちろんライブラリ全部を聞くなんてことはないのだけれど、いちいち曲を入れ替えなきゃならないっていうことは、「あ、今あの曲聴きたいな」ってなった時に、その曲が入っていないと、その瞬間ポータブル・ミュージック・プレイヤーが、ポータブル・ウェイトに変わってしまう。
AppleのiPod classicは160GBと、容量は多いけどライブラリ全部が収まらない状況には変わりがない。その意味でiTunes Matchは、電波が届く限りにおいてはこちらの要求をかなり満たしてくれるものだったんだけど、音がちょっと悪い。聞き流すぶんにはいいんだけど、ちょっと時間があってくつろいで聞く時なんかは気になる。
で、WALKMAN ZX1でiTunes Matchを利用できないか、調べていたんだけど、GoogleのサービスでGoohle Play MusicというiTunes Matchと同じようなものがあって、しかもiTunesのライブラリを読み込んだり更新したりできる上に無料。

ただし、日本ではこのサービスを行っていない。

どーにかならんかなあ、ってことでさらに調べてみると、proxyをかませるかVPNをかませるかして、アドレスを日本以外の当該サービスを実施している国に偽装すれば可能とわかった。

わかった以上はやってみる。

フリーで使えるVPNソフトを見つけてきてダウンロード。アメリカのGoogleにアクセス、アカウントを登録してGoogle Play Musicのソフトウェアをダウンロード。設定をしてiTunesのライブラリをGoogleのライブラリにコピー。
で、無事成功。クラウド経由の楽曲をBluetooth経由でヘッドフォンで聴いてみるが、気になるほどの音質劣化は無し。この聞き方で音質云々言うのがそもそも間違いな気もするけど。

この方法のいいところは、ウォークマンの容量を気にしないでいいこともそうだけど、本気にいい音で聴きたい曲だけハイレゾにして、本体の128GBに入れて、ケーブル接続のエティモでもSUREでも繋げばいいこと。マイナスは、モバイルルーターを持ち歩かなきゃいけないこと。クラウド経由の音楽は、接続状況次第で音が劣化すること。
大容量のウォークマンが出りゃ、全部解決なんだけど。





中高年よ電子書籍を持とう!

15 03 2015

もともと体はそんなに丈夫じゃなかったが、若い頃からせっせと不摂生をしていたせいで、50の声を聞くあたりから病院に通う機会が多くなった。今じゃ月イチの採血がルーティンだ。

病院で困るのが、いつ診察が始まるのかがわからないこと。その日の混み具合によるし、自分より重篤な症状で来た人は後から来ても優先されるので、受付番号通りに呼ばれるとは限らない。
いつぞや、「こっちはもう2時間も待ってんだぞ!」と看護師に食ってかかってるオヤジさんがいたけど、あんたその元気ならあと1時間は絶対死なないから、おとなしく椅子に座っとけ、と心の中で毒づきましたよ。

このはっきりしない待ち時間をボケっと椅子に座って待っていると、ついついうとうとしてきてしまって、肝心の呼び出しがかかったときに聞き逃してしまいそうなので、本を一冊持っていくことにしている。
採血の後、採尿だのあって検査票を入れたファイルだの手荷物が出るため、あまり重い本は好ましくないので、文庫本の、それもそこそこの厚さに収まったものを持っていくことが多かった。だけどこれ、寄る年波で目の方が辛くなってくると、文庫本の字の小ささはちょっときつい。最近の文庫本は活字が大きくなって、読みやすくなってきているとは言いながら、なぜか薄暗いことが多い病院の廊下に並べられた椅子に、腰掛けて読むのには不向きだ。

で、この場合具合が良いのが電子書籍だ。
まず書籍リーダー本体が軽い。
しかも、読む本の厚さが関係なくなる。文庫本で200ページ相当の電子書籍も1,000ページ超えのそれも、書籍リーダーの重さを超えることが絶対にない。
文字の大きさは自由に調整できるので、ちょっと目が疲れてきたかなー、と思ったら文字サイズを大きくすれば良い。
画面を明るくする照明機能が付いているものなら、待合所や廊下の暗さに左右されない。バックライトではなくフロントライトを採用した機種ならさらに目に優しい。
複数の書籍を入れておくことができるから、読んでてなんだか気分がのらないなと思ったら、漫画でもなんでも他の読み物に切り替えられる。
青空文庫や何やらで、タダで読める本も結構ある。
バッテリーの保ちが大変によろしい。バッテリー切れの心配をしなくていい。

ソフトウェアをダウンロードしてスマートフォンで読むというのもアリだけど、機内モードにしたとしても、病院内で携帯を使っているという絵面が悪いので、僕はKindleを購入した。キャンペーン付きで少しお値段も安かったので。それとスマートフォンは、画面の照明が先程言ったバックライトなので、目に向かって光が飛んでくる構造上目が疲れやすく、ある程度の長さの読書には、特に中高年には向いていないように思う。(携帯の電波が本当に医療機器その他に影響を与えるのか、については異論をお持ちの方もあろうが、病院という特殊環境なのだから、気にする方がいらっしゃれば配慮をしてあげたほうがベターであると、僕は判断している)。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Amazon (2014-10-04)
売り上げランキング: 25




島田虎之介 「トロイメライ」(コミック)

2 03 2015

休日にちょっとだけ目を通しておいて出掛けるつもりだったのに、いざ読み始めたらぐいぐい引き込まれて一気読みしてしまい、結局出かけるきっかけを失ってしまった。まあそれだけ面白い。
面白いと言っても出版元が「青林工藝舎」だ。マンガの鬼AXだ。「ONE PIECE」や「進撃の巨人」を読み慣れた人にはかなり読みにくいかもしれない。「ONE PIECE」や「進撃の巨人」が悪いと言っているわけではない。あちらの方がおそらくは一般的に読み易く分かり易く、こちらの方が読み込むのにコツというか慣れというか、とにかくそういうものが必要だということだ。
まず絵が独特だ。コマ一つを抜き取っても、それだけでイラストとして成立するような絵であり、ほかの誰のものとも類似を見ない島田虎之介独自の絵。「入り」「抜き」のない線。白と黒だけで構成され、スクリーントーンを使わないコントラストの高い画面。シンプルな線で描かれているのに、緻密な書き込みも見られる。スタイリッシュなのに、どこか杉浦茂やひさうちみちおを思い出させるキャラクター。
何れにせよ、これは漫画でないとできない表現であり他の方法では置き換えられない。この内容なら小説でいいよね、とか、映像化したらもっと面白そう、とかならない。アニメーションなら、この絵に忠実にキャラクター造形をするという方法も採れるが、おそらくこのマンガ独特のコマのつながりが生む時間感覚が損なわれてしまうであろう。
ストーリーも、よくこんなデタラメを考え付いたなという話なのだが、植民地支配された国の呪い、他国に蹂躙され肉親を失った悲しみ、仕事をすることの喜びと誇り、そんなことが古い壊れかけたピアノを修理することを縦糸にして、滲み出てくる。滲み出てくるのだが、それが重くはない。「どうだ、こんな悲劇だったんだ、どうだ感動しろよ、ええ、おいっ!」て感じじゃなく、「まあむかしにはこんなこともありました・・・・とさ。」みたいな。
時間があるとき、ゆっくりと読むのがいいのだろう。私はもう一回読み返すことにする。

 

トロイメライ
トロイメライ

posted with amazlet at 15.03.02
島田 虎之介
青林工藝舎




ジェロニモ?

4 05 2011

ウサマ・ビン・ラーディンが暗殺された、今回の米国の作戦名が「ジェロニモ E KIA」だったそうな。
ジェロニモはアメリカ先住民アパッチ族の戦士、E はEnemy 敵、KIAは Killed In Action戦死者の意味だそう。作戦名から考えると、はなから生きて捕囚とすることはかんがえていなかったんだろうなあ。
それにしても、アメリカ先住民の英雄の名前を、標的であるテロリストに付けちゃうセンスってえのはいかがなもんか。オバマさん黒人なんだけど、ジェロニモじゃなくってマルコムXとかだったら、思想信条は別としても嫌だったんじゃないだろうか。





 石原都知事とパチンコ

29 04 2011

石原都知事が『都民の皆さんへ」と題するヴィデオ・メッセージでパチンコ批判を再度取り上げたらしい。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110428/JCast_94568.html

私自身がパチンコを嗜まない人間なので、パチンコ業界がどうなろうと私自身の生活のは何ら痛痒を感じないのだが、他にも諸々の職種業種がある中で、このパチンコ業界に対する集中的な発言は、『何かあるのかな?」と勘繰ってしまう。
自動販売機の不要論については、まあこれだけ深夜営業のコンビニエンスストアーが普及した現在では、ある程度まで妥当性のある主張ではないかと思うのだが。これにしたって、家の軒先を自販機に貸し出すことによって、家計をやりくりしている人たちにとっては大問題であろうけれど。
今回のメッセージでは、節電のために云々というより、パチンコ自体を「悪しき存在」とするような発言になっている。良く知られている通り、パチンコ店の経営者の方々には朝鮮、韓国の半島系の方が多いことからか、「韓国では禁止になっている」趣旨の発言をしているところなんぞには、衣の下の鎧がチラホラ見えるような見えないような。

そう言えば、石原さん、東京にカジノをっておっしゃってましたよねえ。パチンコを「人間を怠惰にして人生を狂わせる」からダメとするなら、カジノで行われるルーレットやバカラやスロットマシーンなんてものはいいんでしょうかねえ?パチスロとスロットマシーンなんて、ギャンブルをやらない(少なくとも現在は:苦笑)私から見たら同じようなものに見えるんですが。





マンガ:「神戸在住」3巻

20 03 2011

 

かつて、「月刊アフタヌーン」誌に連載されていた、木村紺氏のマンガ。現在同誌に連載されている「からん」とは、かなり絵柄も作風も変わっている。
この3巻には連載当時「震災編」と呼ばれていた、阪神淡路大震災時の震災ボランティアに関わった在日中国人、林浩(リン ハオ)君のエピソードが納められている。
物語はすべてが事実ではあり得ないし、事実は更に過酷であったろう。だが、物語りにしなければ語り得ない事実もある。その役割を十全に果たしている。

 

神戸在住(3)
神戸在住(3)

posted with amazlet at 15.03.08
講談社 (2012-11-19)